文房具

日本語教師になろう|日本語を教えるための国家資格は存在しない

このエントリーをはてなブックマークに追加

体験授業はマスト

英語

外国人と英語で会話したいと思ったときに英会話教室で勉強する方法があります。どこでも体験授業があるので、教室の生の情報を得るためにいくつかの教室の授業を受けるようにしてください。

子供と留学に行ける

男の人

セブ島の親子留学で子供と一緒に英語を学びましょう。小さいときから英語の勉強をさせていれば、より国際化社会になっても、どこでも生活できたり仕事をすることができたりするのでメリットが大きいです。

有資格者とは

レディ

外国や国内にある日本語学校で日本語を教える日本語教師という職業があります。日本語教師がいるおかげで、言語でも習得するのが一番難しいと言われる日本語を流暢に話せる外国人が増えています。この日本語教師になるためにはどのような資格を取ったり勉強をしたりすればいいのか教えます。実をいうと、現在日本語を教えるための国家資格というのはありません。なので、どのような人でも日本語を教えることは可能です。しかし、尊敬語や謙譲語など難しい敬語があるのでどんな人でも教えることができるかというと現実としては難しいでしょう。やはり学校へ採用されるときにはしっかりとした日本語を教えることができるのか試験を受けることになるはずです。また、日本語学校で採用される条件として日本語教師有資格者を持っている必要が出てきます。この日本語教師有資格者というのは、大学で日本語教育科目を履修して卒業したか、養成講座の一定数の教育を受けているか、日本語教育能力検定試験に合格したかの3つのうち1つを満たしている人です。この基準があるからこそプロの日本語教師としてみることができ、採用する側もすぐに日本語を教える能力のある人だと判断しやすいです。
養成講座というのは通信教育で受けることができるので、住んでいる家から近いところに養成講座をしている学校がなくても有資格者を取ることができます。しかし、政府が認める機関で日本語教師として働くには通信の養成講座を受けただけではだめなので注意してください。

推測できるようにしよう

勉強

スピードラーニングを始めたら、まずは英語の音に慣れてください。英語が流れた後に日本語訳が流れるので、訳からどの単語がどういう意味を持っているのか推測しましょう。その推測能力が上がれば実際の会話で役立ちます。